暖かい暖かい社会になったら・・・

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心配と恐れ
ハワイ4
これは誰でも経験し、人生を狂わす根因です。「心配」と[気使い]とは違います。「気使い」は相手を思う心が優先で1つの[愛、思いやり]の現われでございます。「心配」もそういう面がありますが「不安」が半分以上占めております。つまりネガティブの方向にいくもので極端にすすんで良くと自己破壊に繫がっていきます。ネガティブは精神的ダメージを与え健康面でも酸性体質をもたらします。この心配や恐れが原因で病気になられた方は数限りなくいることでしょう。ではどのようにしたら良いのでしょうか?心配を恐れるなといわれても感情を変えないことにはどうすることも出来ません。まずは心配の原因、恐怖の原因をノートに箇条書きにしてみることが大事です。次にそれらに対して肯定的なことを箇条書きに書いてみましょう。ちょっと難しいかもしれませんが小さなことでも良いです。とにかく素直に書いてみましょう。例えば次のようにです。

*心配、恐れに対する肯定文

1怖れは本来人間が作ったもの実態のないものである
2気分を意識的に良くするように勤めれば心配、怖れは軽減されます。


未だ、いろいろ考えつくと思いますが、少しでも書いて実行してみましょう。
悩むのがつまらないように思われてきます。
ではグッドラック。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。