暖かい暖かい社会になったら・・・

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の楽園・「引き寄せの法則」読感6
スイス1
「心の楽園」というのは心の中に快適な世界を作りましょうということです。「心の中」は誰ものぞいたり致しません。はっきりいって自由です。何を考えても、何を思っても自由です。しかしこの心の中で考えたことは、とても社会的に重要です。というのは、いつも心の中で思っていることが現実化するからであります。いつも暗い、恐れを感じながら、又イメージを持ちながら生きていますと、暗い恐ろしい事態に追い込まれたり、体験したり致します。例えば、イジメラレっ子はいつも暗い恐ろしいことをイメージする習慣を持っている子が多いです。又、自分は人より劣っているという劣等感を持っていまして堂々と人の中に入っていけません。症状がすすんでいきますと「心の中」は閉塞感でいっぱいになります。さらに症状が進むと「うつ病」などの心的病気を併発しかねません。では[心の中]をどのように持っていけば、何事にも囚われない、幸せな人生を送ることが出来るか・・。そのことについて述べます。まずは[心の中」に平和な楽園をイメージしてみましょう。誰にも束縛されない自由な世界。多くの人たちが仲良く笑顔で触れ合っており子供たちは無邪気にのびのびと遊んでいます。湖畔をノンビリと散歩している老夫婦、若夫婦、又ボートをこいでいる姿、木陰でノンビリ読書をしている人、又バーべキューをしている家族、湖畔を周遊している小さな汽車、時速10キロといったところか・・。出店がたくさん出ており、ピザを焼いているお店、客の絵を描いているお店、りんごキャンデイを売っているお店、カラフルな風船を売っているお店、赤、白、青、などのカラフルな色の建物、非常に明るくノンビリとした湖畔の町です。見るからにとても楽しそう、皆、ほとばしる笑顔で顔がテカテカしています。こういう社会だったら良いですね。自分を取り巻く社会と、比較してどうですか?人間は笑顔であるのが本来の姿であります。シカメッ面は本来の顔ではありません。本来の顔に戻りましょう。テカテカした笑顔になって見ましょう。笑顔ほどお金がかからず、幸福を招く方法はありません。そして心の中に、楽しいことを描いてみましょう。何でも良いです。どうですか?ワクワクしてきませんか?数パーセントの人は、とんでもない、そんなことを思えるか?途方もない夢だと思うかもしれません。その意識は、ネガティブ思考で現実的であるかもしれませんが、心の束縛感があります。これがある以上、常に壁にブツカッテいます。その心の壁をぶち壊し解放させましょう・・といっている訳であります。先ほどのワクワク感(躍動感)がとても大事であります。このワクワク感が、エネルギーとして周りを動かします。自分が、核となって、エネルギーが周りに広がっていきます。人間の本質は肯定エネルギーを受け入れるようになっています。本来、肯定的なものが好きなのです。それが色んな環境が積み重なり受け入れ感度が鈍くなっている人が多くいるだけです。肯定エネルギーをどんどん活性化しましょう。どんな願望でも、このワクワク感を伴いアファメーションを行っていきますと、その方向へ向かっていきます。安心し、アファメーション、イメージを繰り返し楽しい気分で行っていきましょう。この[引き寄せの法則]を生かし、成功道を勝ち取った人は歴史的に観て、数え切れない程おります。(エジソン、カーネギー、リンカーン、ライト兄弟、ほか)その人たちの共通したアファメーションとは「dream come true 」です。本当に、これは紛れもない真実であります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。