暖かい暖かい社会になったら・・・

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「引き寄せの法則」読感4
ハワイ2
2008年経済は大混乱2006年のサブプライムから始まリーマンブラーズ破綻、ビッグスリーの神話大崩壊、大リストラ、経済難民の大激増、戦争、家庭内暴力の増加、犯罪の増加、大麻汚染、環境汚染、自殺者の増加、介護問題など実に殺伐とした世の中になっている。政治の力も、現状いきずまっている。政府は経済問題において、即、多額な資金を導入する。しかしこれは、われわれの税金であり次世代の国民に大きく負担が圧し掛かってくる。国民一人当たりの負担は、500万円近い。これは減るどころか増加の一途をたどっている。今の政治家は、金銭感覚がどこかへ行ってしまっている。もはや、破天候の政治である。こういう先の見えない暗闇の社会であるが、これをどう乗り越えるかである。これは「引き寄せの法則」を知ることである。この時代、すべての人が不幸に落ちているわけではない。幸多い人生を送っている人も数多くいるのである。それは何が問題なのであろうか?それは「心のあり方」です。実際「心のあり方」で救われるのである。世の中は、「心の集合体」である。「心」の使い方が正しく行われるだけで、世の中大きく平和へと向かって行きます。宗教ですと、いろいろ民族的な問題が出てきますが、この法則は宗教ではありません。生きていくための「知恵」と言えましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。