暖かい暖かい社会になったら・・・

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野の花
野のゆり
聖書を読んだことありますか?



あまり読まないのだけど、ちょっと心に残る文章はあるね。


別に宗教は信じなくても、ちょっと心に残る文章は紹介したいですね。心温まりそうだから。






マタイによる福音書6章28~30節(聖書のページ名)




なぜ、衣服のことで思い悩むのか。


野の花がどのように育つのか、注意してみなさい。


働きもせず紡ぎもしない。


しかし言っておく。


栄華を極めたソロモンでさえ、


この花の1つほどにも着飾っていなかった。


今日は生えていて、


明日は炉に投げ込まれる野の草でさえ


神はこのように装ってくださる。


まして、あなた方にはなおさらのことではないか。


信仰の薄いものたちよ。


何か、心に残りますよね。


神の愛は、自然の中にも見ることが出来るということですかね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。