暖かい暖かい社会になったら・・・

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オオカミ協会の講演会に出向く
一昨日、オオカミ協会の講演会に出かけました。(札幌市エルプラザ)

異常に増えたエゾシカを間引くためオオカミを放ったらどうであろうかということであリますが、

論議を呼びそうな感じがする。


ドイツでは成功しており、うまく生態系上、均衡を保っているということである。

ただ、オオカミを管理する上において国、州の厳密な体制が必要であるということである。

オオカミが人間を襲う比率は少ないというが、絶対というわけではない。

オオカミは多分雑食性であるため、エゾシカばかりを食することはないと思う。

カラスと同じように人間社会の近くに現れ、残飯を食い荒らさないとは限らない。

ちょっと理想を追いすぎているような観があるが、今後の成り行きを見てゆきたいものです。






スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。