暖かい暖かい社会になったら・・・

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潜在意識を活用して楽しい人生を。2
では、その潜在意識の段階まで意識を下げていく方法ですが、色んな方法があります。

その中で、比較的自分でも簡単にできる方法として、体の部分の「重い感じ」又は「温感」を意図的に感じていく方法ですが、これには練習がいります。

一回体得すると一生使えるので、やるだけの価値があります。

例を挙げると「足が重い」[足が重い」「足が重い」「足が温かい」[足が温かい」「足が温かい」・・・これをある程度、体で感じるまで練習する必要がある。

それは、足のみにあらず、腹部、腰、背中、腰、顔、など、それ以外の部分は(腕、頭、心臓、肺など)リラックスしていると暗示をかけたほうが良いであろう。

最初は、ぜんぜん感じないかもしれないがそのうち感じが現れてくるであろう。

そうすると、表面意識より意識は沈み、潜在意識に入るのである。そうすると、気持ちが落ち着いた、トランス状態になるのである。

そしてその後、本人に有効な暗示を被施術者にしていくわけである。

意識が低ければ低いほど、無抵抗に暗示を受け入れるわけができる訳ですね。


スポンサーサイト

潜在意識を活用して、楽しい人生を。
2010年更新 042
この世の、苦しみ、楽しみは、大半が人間の心の潜在意識が関っている。この潜在意識が、無意識として表面に表れて来て色んな人生ドラマを生じさせている。これを知らず知らず野放しにしていることが非常に多い。
(俗に言う)催眠術師は、この潜在意識を誘導することによって、数々の現象を生じさせる。
うつ病というのがあるが、これは潜在意識の中がマイナス暗示が多々占めている状態で、悲観的、消極的、体調不良など前途が見えない状態である。どうせなら健康的で楽しい人生を送った方がいいと思うのだけど、その方法が分からない人が多すぎる。つまり、この潜在意識を逆に生かす方法である。つまりプラス暗示を、どんどん潜在意識にインプットして、満たす方法である。ただ、この潜在意識の境地まで意識をダウンするまでが、ちょっとした技術がいるのであって、その後はどんどんプラス暗示をインプットするだけである。これは、自己暗示でも良いのですが、できない場合は、他者暗示ということになるであろう。次回は、どのようにして、潜在意識まで、意識を持っていくかを、説明したいと思う。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。