暖かい暖かい社会になったら・・・

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モラル意識の向上
大空と大地
貴方がモラル意識が向上することによって貴方とかかわっている

人々、環境も徐々にではありますが変化していきます。貴方は肯定意識が強くなり、プラスの波動を

発することができるようになります。そうすると、プラス意識が別のプラス意識を引き寄せます。その連

鎖でプラス意識は徐々に一集団組織に広がっていきます。そして快適集団環境に変化していきま

す。例えば料理に数粒の塩を振り掛けると味が変化していきますね。その塩がモラルを実行している

方です。このプラスの連鎖は大きいと思います。その延長が社会の平和とつながっていきます。社会

平和は一個人の幸福から始まっていきます。
スポンサーサイト

利己より利他へ

「利己心」ほど社会において不必要なものはありません。ところがほとんどの人の心の中に潜んでおります。「私は生まれてから今まで、自分だけの利益は考えたことありません。」という人がいましたら、早い話、うそつきでしょう。人間は本来「利己心」だらけで「心」が社会になじみ成長していくことにより「利己心」も抑えられていくのです。でも心のどこかに隠れ潜んでいます。この社会で必要なのは利己より利他であります。自分のことより他人、第三者、社会の利益を優先する。利己心も心の中に潜んでいる以上、時々表面に出てくるが、ほどほどに押さえセーブすることが大事です。社会に偉業をなし遂げた人は、皆さんそのような人ばかりです。なぜ利己心は心から消すことが出来ないのでしょう。それは人間誰もが「ラク」を好むからです。ラクは自分が中心となって感じるものであります。ですから、利己心につながるわけであります。仏教では煩悩と申しますが、それを取り除くための修行が多々あるくらいです。まあ、そこまで考える必要はないでしょう。まずは、自分のことより他人のことに善意で目を向けましょう。他人と良い関係を結びたければ「ありがとう」を明確に言う習慣をつけましょう。よき社会人になるためには「利他」を頭に入れ、どんどん積極的にいきましょう。本当に素晴らしい人生に生まれ変わります。

道徳についてー利己主義を考える
現代では道徳が枯渇してきており、新聞の三面記事も、その現われとも言える記事が多いですよね。つまりいじめから始まり凶悪犯罪が多いのであります。又自殺も多いですよね。これは年々増える傾向にあります。これは日本経済、世界経済が非常に厳しい局面に来ている面からもありますが、大きな観点から言うと「道徳」なのであります。なぜでしょうか?今回の不況は(H21.10.28現在)は日本ではなくアメリカに端を発していますが、道徳的観点から言うと利己主義なのであります。アメリカの、ある会社が、自社だけ、それもその時期だけよければよいということで、国も悪いのであるが低所得者向けローンを作り、多くの低所得者に住宅の購入を呼びかけ、しばらくは好調であったのであるが金融恐慌がその後に起こり景気の影響により失業者が大量に殖え、ローンの焦げ付きも大量に発生いたしました。又証券化され、世界中に広がったため世界恐慌に近い形になりました。経済競争ですから利己も仕方がない面もありますが、今の大取引がこのまま行き過ぎると世界的にどのような影響が出るか考えたと思いますが短期的利益に目がくらんだのでしょう。これは経済犯罪といえるでしょう。利己は犯罪です。この利己は実は人間の心の50%近くは潜んでいます。自己生存本能なのでしょう。しかし人間社会では行き過ぎた利己は犯罪につながります。どうか自分の心を棚卸しし利己が支配していないかチェックをして見ましょう。これは[心のがん]のようなものです。あったら消去するよう心がけましょう。

忍耐について
115_1552_JPG[1]
「忍耐」は消極的言葉と思われる方が多いと思われる方が多いと思いますが、私が思うには積極的言葉であると理解したい。例えばバネでいうのならば伸びる前のチジンデいる状態で最もチジンデいると、それだけ伸び方が大きいわけですね。この忍耐はじっと我慢なのですが、その間、次の手を打つための準備とも捉えることが出来るわけです。周囲の雑然としたものにとらわれていると何も出来ないことがあります。そのときは積極的に忍耐を試み頭に目標を据えて一歩一歩前進する。つまりこの忍耐がなければ成功はしないのであります。なぜなら雑然とした環境は我が社会につき物であるからであります。それは物的なものばかりでなく人的な面でもいえます。消極的忍耐でなく積極的忍耐が出来るようになりたいですね。人間が磨かれます。又そういう人間が成功しているのは事実です。忍耐は辛いようなイメージがありますが、それによって目標を成し遂げた時の喜びは、感慨ひとしおであります。ぜひ忍耐の出来る人間に成りましょう。慣れないうちは忍耐手帳成るものを作り一日どのようなことにどのくらい(時間等)忍耐したか、その目的は・・など書きとめておくのも楽しいですね。忍耐に対して、明るいイメージを持つようにしましょう。人生が楽しくなります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。