暖かい暖かい社会になったら・・・

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FXはノメリ込まなければ良い収入源
ハワイ透き通った海岸
スイングでやるか、デイトレでやるか?私はデイトレでやっていますが、値幅を大きくしないで損してもあまり大きなダメージにならない程度に抑えて決めることが大事であると思います。FXは、損失の管理が一番大事であると思います。これが出来ないと、ある日大負けして、今まで積み重ねてきた利益が、吹っ飛んでしまうことがあるのです。クワバラ・・・。
スポンサーサイト

我々と宇宙
m45_1280.jpg
宇宙について物理的にいろんなことがわかってきていますがまだまだ解明されてないことが多いです。我々はこの不可思議な世界を、まざまざ見せられながら生きています。しかしこの宇宙というのは目には見えませんが色んなエネルギーが犇いています。万有引力もそのひとつですね。そして、地球は月、太陽の影響を受けています。人類、ほか類人猿、他、あらゆる生物の中に、心、スピリチュアルのようなものを持っているものがあります。ここでは、人類の[心」に焦点を当てます。思考は唯一無限大に広げていくことが出来ます。いわゆる、宇宙の無限大に良く似ています。人類の歴史は思考の歴史といっても良いでしょう。これは宇宙の成長、繁栄の法則のようなものが働いていると思うのです。もちろん何もしなければ、この法則は生かしきれないと思います。人類の肯定意識が、その法則と波長がかみ合うわけです。つまり意識と宇宙界とは太いパイプのようなものが存在するわけであります。肯定意識だけでなく否定意識
も宇宙界と繋がっています。しかし、人間は否定意識より肯定意識の方が強いのでこちらが優先され何とか進歩をたどっている訳です。肯定意識は成長、進歩に繋がっています。否定意識は、破滅に向かっていきます。余談でありますが犯罪を犯してうまく逃げ切れたと致します。これで一生逮捕されないと思っているかと思いますが実は犯罪を犯す心、つまり否定的意識がどんどん否定の方に向かっていき破滅の方に追いやるのです。犯罪者は遅かれ早かれ罪の意識によって破滅に追いやられます。これは真実です。実はこれを、知らない方が多いのです。知っていれば、三面記事はあのように賑わいません。
そのとき良ければよいという短絡的考えなのでしょうね。宇宙法則が必ず、制裁を下します。[心」は肯定的思考によって人間をどんどん進化させ繁栄、成長させていくのです。

一人でも多くの人が幸せに。(「引き寄せの法則」を心の糧に)
115_1587_JPG[1]


日ごろ新聞など読んでいますと数々の事件、政況の悪化、経済状況の悪化など、目まぐるしくありますね。この「引き寄せの法則」はまだまだ浸透が足りないと思っています。この法則が浸透していけば先ほど揚げたような状況は必ず減少していくことが予想されます。皆、平和的意識を潜在的に持っています。ただそれが、生まれ育った環境、イデオロギーなどで埋もれていたり、見え隠れしたりしています。21世紀になっても戦争はなくならず、現地では人権も無視されています。私はこの「引き寄せの法則]をごく一部の人だけでなく数多くの人たちに利用していただきたく思います。この法則は幼少のころからの「全人教育」に使えると思います。すべての人が平等で楽しく笑いが絶えない平和な理想国家を建設するのに役立つと思います。個人で言えば、心理的にダメージを受けている人に本当に救いとなる法則です。心理的にダメージを受けている人は挫折、疎外感、偏見、暴力、自殺など、色んな方向に向かう要素をもっています。私はそういう人にこの法則を知っていただきたく思います。即、運気を変えたいと思っておられる方にウケアイです。ではグッドラック。

人生は素晴らしい
オアフ島
ある学者が言っています。「人生はこの上なく、素晴らしいものであ
る」この実感を味わうのは簡単です。心の中でそのように思えばよいのです。なんでも夢、願望があ
れば躍動感を持ってそこに注意を向ければよいのです。ただそれだけです。今までの成功者も(過去から現在まで)そのようにして成功してきたのです。例えばホンダの創立者本田宗一郎氏も、豊田グループの創立者豊田佐吉氏も、夢目的に向かってワクワクした躍動感で集中していきました。このような姿勢にこそ、成功が引き寄せられるのです。根性論ではないのです。根性など要らないのです。(傍目からは根性があるように思われるかもしれませんが・・)夢目的に確信を持っていれば無意識に一途になっていくのです。どんな夢でも良いのです。そこに注意を向けましょう。楽しい気持ちで向かっていくのです。ではグッドラック。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。